日が沈んだ後に

淡い紫の空

日が暮れてしばらくすると、空が淡く輝きだします。

肉眼よりも美しい記録。

それもまた写真の楽しみ方でしょうか。

多摩川 夕焼け

一瞬だけ見られる淡い空と独特の色。そんな時間がすきです。

 

P.S. ブログのフォントを「貂明朝テキスト」に変えました。

差し込む光がとてもきれい

斜光

木の裏から太陽の光が差し込んでいました。肉眼で見た光景はもっと幻想的だったのですが、なかなか写真で再現するのは難しい…

斜光や逆光になると、いつもの光景が美しく見えます。

野川 木々 光

台風19号通過後の多摩川河川敷

台風19号が通過した多摩川河川敷

記録的な豪雨をもたらした台風19号多摩川も一部で氾濫、多くの場所で氾濫の可能性がある状況でした。

京王多摩川駅周辺は写真をよく撮りに行く場所なので、水位が下がり安全になってから行ってみました。

普段はこのようにのどかな河川敷です。(Googleストリートビューより)

多摩川 河川敷 台風通過前

上記画像の画面中央が川と河川敷の境界となっており、そこに木々が植えてあるのが分かります。

左に大きな木が1本あり、そこから右へ小さな木が何本か植えられています。

 

上記画像の画面中央よりから左側(大きな木があるほう)と右側(小さい木があるほう)を台風19号の通過後(2019/10/13 夕方)に撮影しました。

台風19号 通過後 多摩川 河川敷

台風19号 通過後 多摩川 河川敷

大きい木は残っていますが、他の木は根こそぎ流されています。増水した川の威力が分かりますね…

「根こそぎ」という言葉がこれほど適切な状況だとは… 恐ろしすぎます。

妖しく咲く彼岸花

彼岸花

妖しい雰囲気を感じさせる彼岸花。一面に群生して咲くと、よりいっそう妖しさが際立ちます。

彼岸花 一面

そんな彼岸花ですが、太陽に照らされるといっそう美しく輝きます。こんなにも美しい形状をしていたのですね。

彼岸花

やっぱり妖しい彼岸花

日が暮れて、あたりが闇に包まれてくると再び妖しい雰囲気に。少し暗い雰囲気のほうがこの花には似合っています。

彼岸花 暗い

そんなこんなで妖しい彼岸花が咲き乱れる季節となりました。

でも東京は未だに暑いです… もう10月ですよ…?